« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

カイヨウ生活

2012/11/19(月)

待ちに待った食欲の秋!なのに

このたび、胃&十二指腸潰瘍と診断されてしまいましたcoldsweats02

夏ごろから胃の調子が悪く、食欲もイマイチな状態やったんやけど

ま~そのうち治るやろ~とタカをくくっていたらエライことになってしもた。

気持ち悪い!めっちゃ痛い~~~!!

何せ、大の病院嫌いですからsweat01

あとから考えると自分でも、よくまあここまで病院いかずに我慢してたな、と思う。

だけど、いざ病院に行ってみるとドクターは

「たぶん潰瘍やと思うので薬出しときますんで、胃カメラの予約してください」と。

や、やっぱり胃カメラ飲まなアカンねやdash

脳みその本音領域では

「嫌や~~~~~」という叫び声が響いてましたが。

この際、仕方ないと決意したのに、胃カメラの予約が取れたのは1ヶ月以上あと。

こんなんで大丈夫なん?

と思っていたら、、、ますます痛みは悪化impact

食欲もなく、プリンや茶碗蒸しで生命を繋ぐ日々。

食欲がないってことが、こんなに人生を寂しいものにするとは・・・

ってゆーか、私に食欲がなくなるなんて!

生きる楽しみを奪われたようでメンタル的にも

モチベーションのあげようがないのよ。

で、しまいには座ってるだけで精一杯、夜も寝れない状態になって

耐えられず予約外で再び病院に駆け込むハメに。

だって、陣痛なら痛みに間隔があるから休めるけど

この痛みは休みなく、いつまで続くかもわからない恐怖感がある。

ドクターはあまりにヨレヨレの私を見て

薬の追加と胃カメラの予約を早めてくれましたが。。。

私「痛み止めはないんですか?」

と聞くと

Dr。「全ての薬は胃に悪いので、痛み止めはありません」。

私「じゃあ、温めたらいいとか、何かアドバイスは・・・?」

Dr。「うーん、特に、、、アルコールと刺激物はとらないように」

私「(そんなんわかっとるわいannoyと内心ツッコミつつ)

 じゃあ、薬が効くまではひたすら耐えるしか・・・」

Dr。「そうです」

と、アッサリ言われてしまいました。

うひーんsweat02

で、2日後、胃カメラ検査に。

やだよーやだよー、これがストレスになってまた悪くなりそう。

待ってる間に説明受けてると

私の前に検査してるおっちゃんが

「うお~~~うおお~~~~」と叫んでるのが聞こえてきたcoldsweats02

看護師さんが

「ハイハイ、声出さないでくださいね~」

とちょっと厳し目にたしなめてるのに

「うお~~~~~~~」と叫び続けるおっさん。

やめてくれ~~~、おっさんshock耐えろ、勘弁して・・・・

と泣きそうになる。

で、いよいよ私の番が巡ってきた。

注射打たれ、苦い薬を飲まされ、横になって

マウスピースを噛んだ口からチューブが挿入される。

うえ~~~苦しよ~~~~

って気持ちとはウラハラに、ドクターは

「今から一番細いところを通りますからね~」

と突っ込んでくる。

うごっうごっうごっwobbly

「ハイハイ、苦しいね~苦しいね~~」

うごご~~~~~bearing

ヤマを超えたかと思われた頃には目の前に画像が。

これが私の胃なのね。。。

潰瘍を発見したらしきドクターが説明してくれる。

タコの吸盤みたいな潰瘍。

呼吸にもちょっと慣れてやれやれこれで終わりか?と思いきや

これからさらに十二指腸に突入するとsign03

全身全霊を込めて「苦しい、辛い」という表情を必死でアピールするも

「ハイハイ、痛いね~苦しいね~」とかる~い口調で言いながら

チューブをぐいぐい突っ込んでくる。

鬼~~~!っとココロの中で叫ぶけど、届くはずもなく。

そして十二指腸にも、やはりタコの吸盤をいくつか発見。

チューブが挿入される痛みで、自分の十二指腸がどこにあるわのか

体感でわかるようになりましたが・・・

もう、胃カメラは嫌やcatface

私の激ヤセぶりにてっちゃんも「ガンでは?」とか心配してたから

そういう意味では検査は必要やけど。

結局は今までと同じ薬での治療。

今ではおかげ様でだいぶ良くなって、食事も食べれるようになりましたが。

食欲がない

食べれない

というのが、これほどまでに辛いとは。

しかもね、普段は

「野菜もしっかり食べましょ~」

って言ってるのに、食べれないときには

野菜なんて食べてる場合じゃないっ

キノコとか、こんにゃくとかで腹ふくらすなんてもったいないっ

って、まったく逆の優先順位になるんよね。

「人生、何事も経験」

ならば、この経験もいつか役に立つのでしょうか?

もしも講演会などで私のヤセっぷりをご心配していただいた方がいれば

胃&十二指腸潰瘍のせいで、順調に回復しとりますのでご安心くださいねcoldsweats01

固定リンク | コメント (5) | トラックバック (0)


JFAアカデミーの食事から学ぶ食育講座

2012/11/06(火)
昨今のなでしこジャパンの活躍ぶりは皆様もご存知の通りですね。
大阪・Jグリーン堺では、中学生世代の女子選手たちが
世界で活躍するなでしこジャパンを目指して
寮生活を送りながら日々ガンバッています^o^
私はそのアカデミーの寮の食事メニューを作成しています。
育ちざかりの選手たちの栄養バランスはもちろん大切ですが、
サッカー選手としてだけでなく、
女性としても世界に誇れる人に育って欲しい。
そんな願いを込めて、食育やマナーなども
食べながら学べるような工夫をしています。
そして今回
JFAアカデミー生たちが食べているメニューを実際に
みなさんに召し上がって頂きながらの食育講座を
開催させて頂くことになりました。
これはこれは滅多にない機会でござります‼
育ちざかりのお子さまがいるお母さんや
指導者の方、もちろん選手自身も大歓迎。
みなさまのご参加をお待ちしておりますね(^∇^)

日 時:11月11日(日)10:30~13:00 ※受付10:00~
場 所:J-GREEN堺 クラブハウス2階 大会議室
対 象:小学生~大人の方まで100名(先着)※保護者同伴の場合、小学生以下の参加可能
参加費:【A】大人:1,500円 /【B】高校生以下:1,000円 /【C】小学生:800円
講 師:吉川 珠美(よしかわ たまみ)
※栄養管理士/ニュートリション・セラピスト

【申込方法】
下記項目を、お電話、メール、FAXにてご連絡ください。
①名前(ふりがな)
②申し込みカテゴリー(A・B・C)
③携帯番号(緊急連絡先)
④メールアドレス(携帯可)

【申し込み・お問い合わせ先】
J-GREEN堺(担当:山田)
電話番号:072-222-0123
FAX番号:072-222-3355
メールアドレス:j-green@s-ntc.jp

固定リンク | コメント (0) | トラックバック (0)


« 2012年9月 | トップページ | 2012年12月 »