« スポーツ栄養トークショー in あべの近鉄百貨店 | トップページ | ウナギとアユ »

Road To Brasil

2012/08/19(日)

日が沈むのもだんだん早くなってくると、夏の終わりを感じる今日このごろ

皆様は暑~い夏を過ごされたのでしょうか?

私のこの夏の楽しみは

もうすぐ1歳になるジュニア君と一緒にお風呂に入るひととき

Baby用の首につける浮き輪をつけて、プカプカと自由自在に湯船を泳ぎ回る彼が

ほんのりピンク色になると「ゆでダコ君いっちょあがり~~~っ」

てことで、てっちゃんが迎えに来てくれます。

そして、汗だくになったあとのもう一つの楽しみが、お風呂上りのスイカ

シャリっと冷たく、甘く、ミネラル補給

スイカが大好物の私の、その残骸を見たてっちゃんはひとこと。

「ウチにカブトムシが来たんかいな・・・

だって、美味しいねんもん!

ギリギリのところまで食べたいねんもん!!

つくづく貧乏性やな~と思う。

けど、ばーちゃんはスイカの白い部分を漬物にして食べてたし。

キュウリみたいなもんよね、と思ったらエコな感じ

そして、テレビではオリンピックが暑い夏でした

男子サッカーは惜しくも、悔しくも4位やったけど

(このあたりについて書き出すと、ヒートアップしてしまうので自粛します

健闘に拍手

そして、なでしこの銀メダル

アメリカとの決勝戦という最高の舞台で戦う彼女たちの姿、

負けてしまったけれど、表彰式での喜びの表情。

ベストを尽くして戦った人だけが味わえる世界を表してくれていました

印象的だったのはウサイン・ボルト

彼の独特の走り方やビッグマウスぶりから、

その能力は天性の才能によるものだと思っていた。

だけど彼は、脊椎側湾症という生まれながらの持病を持ち、

その病によるケガのリスクと戦いながら厳しいトレーニングを積んできた。

そして、、、ついに病をも武器にしてしまった!!!

背骨の歪みから、他の誰にもできない走りを彼は得たのだけれど

そこに至るまでの努力と苦労を考えると、気が遠くなる

派手なパフォーマンスからは想像もできない努力の日々。

それは、まるで7年もの間を土の中で過ごすセミのようにも思える。

オリンピックという舞台で羽を広げる1日だけを目標に

数年間もの間、毎日毎日地道なトレーニングを続ける。

その心の強さを持つものだけが、あの舞台に立てる。

私たちが旅行に行ったり、ショッピングを楽しんだり

美味しいものを食べたり、のんびり過ごしている間にも

地道な彼らの努力の日々は続いていたんだ

テレビでは華やかな試合や表彰式のシーンしか見ることができないけれど

そこに至るまでにはアスリートたちの長い長い努力の日々があることを

私たちも忘れてはいけないと思う。

そしてきっと、もう次の目標への道もスタートしている

Road To Rio!

オリンピックの舞台で活躍するアスリートたちに感動を与えてもらったのだから

私も4年後の、自分の目標をたててみた

それから、2年後のブラジルワールドカップに向けても。

「ワールドカップを見ながら目標を実現している自分」をイメージすると

ワクワクした気持ちになる

皆さまも、2年後の自分、4年後の自分をイメージしてみてください。

アスリートたちにもらった感動を、未来へのパワーに変換できるはず

固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Road To Brasil:

コメント

さすが たま先生

投稿: | 2012年8月19日 (日) 21時21分

コメントを書く