« Road To Brasil | トップページ | HappyBirthday »

ウナギとアユ

2012/08/22(水)

名古屋にはちょこちょこ行く機会があるけれど

岐阜にはあまり行くチャンスがなかった。

今回、講演でせっかく行く機会を頂いたので

てっちゃんとともに岐阜めぐりに行って参りました

「岐阜~~~???

とあまり乗り気しない様子のてっちゃんでしたが

「キッチンのアウトレットがあるよ~

 ウナギもアユも美味しいよ~~~

とエサをまいて、いざ出発

まずはお昼ご飯のうなぎを「みよし亭」さんで。

私は「ひつまぶし」を、てっちゃんは「うな重」を注文。

Photo

大阪では考えられないほどボリューミーなうなぎ!

岐阜というと、関東風?関西風??どっちなんやろ~

と思っていたのですが、こちらのうなぎは関西風な感じ。

肉厚で皮が香ばしく、表面がサクサクしています。

大阪では最近「うりずん」のうなぎにハマっていましたが

こちらのウナギのボリューム感には大満足

しっかり腹ごしらえしたら、TOYO KITCHENのアウトレットへ。

いっぱい歩いて、またお腹が空いて

夕食は「泉屋」さんで念願のアユ

天然アユのコースをいただきました

こちらはアユのリエット

Photo_2

白いのは、アユのなれ寿司の米の部分とクリームチーズ

黒いのは、アユのワタ入り。

どちらも美味しくて、ワインに合うやろな~~とお持ち帰りで購入。

そして、天然アユ

Photo_4


けっこう大きくて立派なアユ。

地図とともにどのあたりの川で獲れたを説明してくださいます。

頭がカリカリで、身も食べ応えアリ。

比良山荘のように、もう少し小ぶりで香ばしさを楽しむ

というよりはしっかり身の味が楽しめます。

こちらはアユのウルカ田楽

Photo_5

ウルカを使ったタレを塗ったアユは

ほろ苦さと旨味がさらに増して絶品でした

川の魚には、海の魚とは違った香ばしさというか香りの美味しさがある。

ウナギとアユを堪能して

温かいご飯やお味噌汁を食べたときとはまた違った

ちょっとぜいたくな感じで「日本人でヨカッタ~~」と実感。

ふと、父や母にも食べさせたかったな~なんて思う。

ウナギは母の大好物。

よく入院先の病院に、父がウナギを届けていたっけ。

アユは、父の友人が釣ったものを頂いていたな~。

私はその「アユのおっちゃん」と父が銭湯で遭遇するのを待ち構えていた。

「親孝行 したいときには親はなし」

という言葉が今さらながらココロに染みます

せめて、てっちゃんのお母さんには・・・・と思うものの

逆にお世話になりっぱなし、支えていただきっぱなしの自分が

なおさら情けない限り

トホホホホ

最近よく「母が生きていたらな~」としみじみ思う。

母が生きていたら、一緒に色んなところに行ったり、

相談したり、色々できたのになあ~と。

今までは街で見かける仲良し母娘なんかを見ると

すっごくうらやましいから、直視できなかった。

悩みがあるときは、聞いて欲しくて、相談したくってたまらないけど

どんなに願ってももう叶うことがないから

そんな感情が沸きあがってこないように、封印してきた。

亡くなって10年近く経ってやっと、母が生きてたらな~という

素直な感情を受け入れられるようになった気がする。

それは、、、時間のせい?

私が母親になったせい??

父のことは・・・まだ亡くなってしまった実感がないのかもしれない。

だけどピンチのときには、父の言葉を思い出す。

「大丈夫や~。案ずるより横山やすし!

 ケツよりでっかいクソは出ん

とか、私がものすごーく悩んでたり、落ち込んでたりすると言ってたなあ。

そのときは「何言うてるねん・・・」と思ってたけど

今になると、思い出し笑いしつつ、父のそんな言葉にココロが軽くなる。

両親への感謝の気持ちを抱きながら

今度は私が次の世代にどんな貢献ができるやろう?と思う。

最近よく「熱くならない若者」のことを耳にするし、

私自身もそう感じるときがある。

けれど、ひとり一人の彼らと話してみると

「決して熱くなりたくない」のではないと思う。

むしろ

がむしゃらに、夢中になって、全てを捧げるくらい熱くなりたい

とココロの中では思っているんやと感じる。

そうなれないのは、傷つくのが怖いから

全てを捧げて失敗したときのリスク、怖さ、不安があるから

夢中にならないようにコントロールして

常に逃げ道を作っているように見える。

そして「オレだって努力して、実力100%出したらデキる」

なんて、何もやったことないのに思ってる。

リスクを恐れて安全な枠の中で生きていたって、

今以上の成長なんて、できない。

勇気を出して、今の自分のキャパを超える世界にハミ出して、

失敗して、傷ついて、学びながら自分の枠を拡大し、成長していく

失敗するのは、間違いじゃない。

むしろ成長のためには必ず必要なこと。

傷ついてボロボロになるのは、恥ずかしいことじゃない。

そこから色んなことを感じ、学ぶことこそが大切。

エラソーなこと言えるような立派な人間ではないけれど

だからこそ、自分自身が勇気出して、自分の枠をハミ出して、

失敗して、傷ついて、学んでいくしかない

頑張り過ぎたら心が折れるから、上手に楽しみながら

固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウナギとアユ:

コメント

吉川さん、27日の日経広告に出ててびっくり。しかも山坂の会社(笑)
KIN大先生には、「前髪を気にするなら切らんかい!」ってめちゃくちゃ怒られたのになあ。しっかしサッカー詳しいな。さすが98フランス帯同者。忙しいので今度ゆっくりブログ読ましてもらいます。今度、靭帯と軟骨に良い食事をブログにのっけて下さい。前厄、本厄で怪我が多い。そして毛は抜ける一方です。

投稿: つるかわ | 2012年8月27日 (月) 22時57分

つるかわさま

日経新聞、見ていただいてありがとうございます!
KINちゃん先生には時々サッカーの関係で
お会いしますが、相変わらずめっちゃパワフル!
少年のような真っ黒な笑顔でおられます・・・。

靭帯、軟骨にいい食事ですか~~~
やっぱり良質たんぱく質とビタミン、ミネラルですよっ!
特におススメはお魚!!
焼き魚はレモンやスダチを絞って皮も食べてくださいね。

私の周りでもアラフォー世代は
靭帯切ったり、肉離れ続発のお年頃ですから
まずは体の内側からケアしましょ~

Tama


投稿: | 2012年9月 8日 (土) 15時28分

コメントを書く