« 関西テレビ「よーいドン!」オススメ3 その2 | トップページ | デビュー »

Imagine

2011/11/01(火)

ちょっぴりご無沙汰しております。

久しぶりのブログアップでございます

というのも、わが息子はスクスクと育ってくれておりますが

私の腕が腱鞘炎???になり

うまくキーボードが打てまへん

これも嬉しい悩みってことで。

おかげ様でお仕事も復帰し、

先月は料理本の撮影もさせていただきました。

2日で51品、ひさびさの撮影は少しハードやったけど

zweiちゃんやhalcaちゃんのおかげで無事に、楽しく、スピーディーに

終えることができました

ほんとにありがとさんです

今回はごぼう料理の本どす。

ごぼうで51品のレシピ!

最初はできるかな~って感じやったけど

作ってみると、われながら色々美味し~レシピができあがりました

年内には発売される予定なので、決まったらまたご紹介させていただきますね。

ディズニーランドや博多にて講演もさせていただきました

ディズニーは、せっかくなのでてっちゃんとジュニア君も一緒にGO

ずっと行ってみたかったディズニーシーも

ディズニーのハロウィンパーティーも満喫

Photo_2

ジュニア君はずっと寝てたのが残念やったけど・・・

おっきくなったら、また行こうね。

ハロウィンやから、いっぱい仮装してる人がいてて面白かった~。

みんな、本気の仮装。

うわ~、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジョニー・デップがいる

すんごいな~どこで着替えたんやろな~~

ディズニーじゃなかったら、ただの浮浪者みたいやし。

あっ、あのジョニー・デップはパパイヤ鈴木みたいでちょっと残念

ディズニーランドは、ホントに不思議な場所です。

魔法がかかったワンダーランド。

誰もが笑顔で、素直です。

誰もクレームなんてつけません。

眉間にシワなんて寄せてません。

この魔法が、ディズニーランドからはみ出して

世界中に広がったらジョン・レノンの「Imagine」みたいな

平和な世の中になるんやろうな~。

ってことは、「Imagine」は実現不可能じゃない。

いつかそんな日が来ますように

博多では、ハロウィンの手作りお菓子をいただきました

Photo

ごまがたっぷりで、サクサクの

とっても美味しくて、ヘルシーなクッキーです。

手作りのお菓子って、心が温まって、ほっこりします

私もこんなお菓子を作るオカンになろう。

手作りの美味しさは、どんなご馳走も勝てないものがあるね。

 

最近私の心にグっと響いた言葉。

毎日を人生最後の日だと思って生きてみなさい。

皆様もよくご存知のスティーブ・ジョブスのスピーチです。

もしも、今日が人生最後の日なら、何を食べる??

そう考えてみたとき、

全財産をはたいてご馳走を食べたいとは思わない。

願うのは、手作りの料理で、家族の団欒を・・・

できればみんなの好物を、そして栄養たっぷりの献立で。

 

こないだ、深刻な病気の疑いがあると言われて検査をしました。

その結果を待つ10日間は、不安にとらわれた日々やった。

目に映るものがすべてモノクロに見えるみたいやった。

ジョブズの言葉が本当に、痛いほど心に染みてきた。

私たちは誰もがいつかは死んでしまうし

だからこそ生きている今を大切にしなければならない。

そう思って今の自分を見て見ると

この世界にはこんなにも素晴らしく、愛するものたちが溢れていることに気付く。毎日を人生最後の日だと思えるくらいに大切に生きれたら

だからこそ、生まれてくる子供にも、生きてるって素晴らしい!

とたくさん感じてもらいたいと願っていたんよ。

だけど人生には困難や辛いこと、悲しいことも避けれらないから

この子にはそれを乗り越えて成長していける強さや

チャレンジする気持ちを持って欲しい。

そう思うからこそ、私自身がまず、

チャレンジする気持ちを大切に、イキイキと生きたいと思う。

きっと子供は一番身近な親の影響を一番たくさん受けて育つと思うから。

検査の結果は、異常ナシだったけれど

あの10日間の辛い時間で、新たに私の遺伝子に生命力のスイッチが入ったと思う。

生まれ変わったくらいのつもりで、生きることを実感してる。

 

私はチャレンジを続けます。

てっちゃんの奥さんとして、ジュニア君のお母さんとして、いつも笑顔でいられるように。

そして私自身の仕事を通じて、いろんな人に食べることの大切さを伝えられるように。

そのためには、まず自分自身が豊かに生きなければね

選ぶものがすべて変わってくる。

 本当に大切なものが見えてくる。

 自分自身の心と直感に素直に従って、勇気を持って行動することができる。

 簡単そうでなかなか難しいけれど

 夢を叶える人生の方程式なのかも。

 この言葉を心の片隅に貼り付けておきたいと思います。

 

 

固定リンク | コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Imagine:

コメント

そうかあ、そんな事があったのですね。お子様のためにも身体には気をつけてね。でも、最後の食事が家庭料理とは・・ちょっと意外でした。僕だったらカロリーを気にせず豪華フレンチ、中華など腹一杯食べまくりますがね。
二日で51品!考えただけで気絶しそう。

投稿: pinot noir | 2011年11月 2日 (水) 22時04分

pinot noirさん

こんにちは!
最後の晩餐。。。ではないけれど、時々むしょうに比良山荘に行きたくなります。
今ごろは落ち鮎とマツタケ?
もうすぐ熊ですよね~~~
ぜひぜひSさんも一緒に行きたいです!

と、そのSさんから昨日メールをいただきました。
美味しい中華ランチ、できましたか?

明石大橋の向こうから手を振ってます。。。

Tama

投稿: Tama | 2011年11月 9日 (水) 14時02分

コメントを書く